読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりと日々のこと

毎日をゆっくりと楽しく過ごせますように。

義母が泊まりに来ました

お義母さんがうちに泊まられました

 

お義母さんはお店を続けていて

私たちの結婚より前に

お義父さんが亡くなられてから

1人暮らしをされています

今年の初めに心臓の発作を起こされて

すこしですが入院されました

 

私たちも主人の兄2人も心配して

家族会議をしました

うちで一緒に暮らさないかという話になりましたが

お義母さんが生まれてからずっと住んでいるところを離れたくないということ

私たちも子どもたちの学校のことがあり離れられないということ

同じ県内で車で1時間半だからということで

しばらくこのまま様子を見ようということになりました

 

ですので

お盆やお正月には必ず泊まりに行きますし

そのほかにも行ったり来たりをしていますが

子どもたちが大きくなって部活や塾の都合で

なかなか都合があわなくなってきています

 

うちに泊まりに来られることになり

1階の和室の部屋を片付けました

シーツを洗ったり

お布団をほしたりと用意をしながら

いらないものを捨てたり、整理したり

誰かが来るとなると時間の制限もありやる気も出ました

 

子どもたちは部活があったので

夕方から夕ごはんを食べに行きました

 

ひさしぶりに外食でわたしもゆっくりできました

(その話はまた次にさせていただきま〜す)

 

帰ってからほろ酔い気分でゆっくりお風呂に入っていただき、就寝されました

朝はおにいちゃんは学校でおとうとくんはサッカーの試合

送迎は今回はほかのお母さんにお願いしました

朝ごはんを2人でゆっくりおしゃべりしながらいただきました

(主人はたまの用事がないお休みなので朝寝坊です)

お義母さんはごはんは一人だからあまりお味噌汁を作らないとか

お義母さんのお友達の話とか子どもの話とか

女同士の話ですからとりとめもないですが

女はこんなことで元気になりますよねとか話しながら

 

そのあと主人が義母の家まで送ることになっています

途中で買い物やランチを楽しんでくれるといいのですが

私は子どもたちが帰ってくる時間がバラバラなのでお留守番

でも、たまには親子水入らずもいいのではないかと思います

 

お義母さんはお店をしながら3人の男の兄弟を育てられた

子育ての大先輩です

 

結婚した当初は

ざっくばらんなものいいにびっくりしたこともありますし

泣いたことも数知れずです

(ドラマでよくある「どこの馬の骨」とか「使えない嫁」とか言われたりも(笑))

 

でも結婚して16年目になると

いろいろなことを一緒に経験し

困ったときは相談したり

近づきすぎず離れずぎず

歳とともにお義母さんも丸くなられて

私もいろいろと学ばせていただいて

今がちょうどいいのかもしれません

 

いつかは私もお義母さんの立場になるかと思うと

こんな風にできるのかと思うことがあります

 

実家の母をみてもこんな風になれるのかと思います

 

全然タイプの違う母たちなのですが

一生懸命に生きてきた人

苦労をしてきた人は

強いしやさしいしあたたかいなあと思います

 

そういう家族に恵まれて

ありがたいなあと思います

 

ありがとうございます 

 

心地よい暮らしとシンプルライフの参考にしています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ    

 

ブログ村テーマ

暮らしを楽しむ  子育てを楽しもう♪ 本が好き。 犬と暮らす

手作りおうちごはん